月経不順⑥

薬で改善!?月経不順は病院から貰うピルを飲むとよいのか?

月経不順の改善策に、薬を使うことが出来るのでしょうか?

病院からもらうピルを飲むと良いとも聞きますが、どうなのでしょうか。


月経不順は薬で改善!?

月経不順は薬で改善できるのでしょうか。

月経不順、薬でネット検索をかけると、色々なサイトが表示されます。

産婦人科のサイトはもちろん、通販サイト、価格比較サイト、ブログ、Q&Aなどなど、どのサイトを見てよいか迷うほどです。

月経不順の薬は市販されているようなので、自分の月経不順の症状に合う薬を見付けて購入することも可能です。

しかし、月経不順といっても、実は症状が人によりまちまちで、自己判断で薬を決めて使用するのは少し心配があります。

症状が軽く、コレだ!と感じた薬をしばらく続けてみて、症状が改善されるようであれば、それでもいいと思います。

しかし、月経の周期も期間も量もバラバラ、ましてや下腹部や胸の不快感、吐き気やめまいなど、日常生活に支障が出るような症状を持っている女性は、やはり市販の薬よりもまずは、診察をしてもらうことが先決です。

いずれにしても、月経不順の原因をよく確かめる為に、症状の重い軽いは関係なく、一度は診察を受けた方がいいでしょう。


月経不順は病院から貰うピルを飲むとよいのか?

では月経不順を病院で診察してもらうとして、どのような薬が処方されるのでしょうか。

病院で月経不順や無月経を改善するなら、薬物治療が中心になります。

よく、ピルが効くといいますが、月経不順も山ほど原因がありますから、一人ひとりの月経不順の原因を調べてから、それに合った薬を処方します。

例えば月経不順の原因に脳腫瘍がある場合は、脳腫瘍を取り除く手術が行われます。

また、プラクチンといって、脳下垂体から分泌されるホルモンが過剰になって月経不順や無月経を引き起こしている場合は、高プラクチン血症という症状ですから、プラクチンを抑える薬を処方してもらわなければなりません。

病院側がピルを処方する場合は、比較的月経不順の症状が軽い場合です。

月経不順の女性の卵巣は、機能が弱っていることが多いので、ピルを服用することで、疲れた卵巣を休ませて、酷使状態を回復させることが出来ます。

なので、一定期間ピルを服用すると、ピルを飲まなくなってからも順調に生理が訪れるようになることも多いようです。

でも、月経不順度が高い女性は、ピルを飲んでいる間と止めてしばらくは良かったが、また月経不順に逆戻りしてしまったというケースが多いです。


まとめ

月経不順を改善するためには、信頼できる病院と医師とよく相談することがとても大切ですね。